旅ログ
スポンサードリンク

ヨガマットはどこから買うのがお得?主要三社徹底比較

健康やダイエットのためにヨガを始めたいと思った場合、是非購入したいのがヨガマットです。

ヨガマットがあるかどうかで安定したヨガのポーズができるのか、腰などに余分な負担がかからないかがかわってきます。

ヨガマット

スポンサードリンク

手軽にヨガマットを手に入れたい場合は楽天、amazon、ニトリが真っ先に候補に入りますが、それぞれに長所があるのがポイントです。

それぞれの違いを知ることが価格やデザインなどにこだわってヨガマットを購入するポイントになります。

 

ヨガマットの購入主要三社徹底比較

 

・楽天(種類の多さとポイントバック率が魅力)

楽天でヨガマットを購入する魅力は、種類の多さとポイントバック率の高さです。会員であれば誰でも高いポイント還元を受けられるほか、楽天カード会員になるとさらにポイントバック率が高まります。

ポイントバック率を高めるキャンペーンが行われることが多く、たまったポイントでヨガマットを購入することも可能です。

価格帯別で調べることも簡単なため、高級でデザイン性や品質にこだわったヨガマットを購入することも、コストパフォーマンス重視の安価な商品を購入することもできます。

ポイントバック率の水準が最も高いことがamazonやニトリと比較した際の長所になってきます。

若干の難点になるのが、ショップごとに送料が異なり、送料が高くなってしまうことがある点です。

高級なヨガマットであれば送料無料になるケースもありますが、単体のヨガマット購入の場合は送料負担が大きくなることがあります。

ヨガマットの優先順位が低い場合は、ポイント還元率がアップするスーパーセールやショップの買いまわりセール時についで買いをするとポイントの有効活用がしやすくなります。

・amazon(厚さやブランドで選べるきめ細やかさが魅力)

amazonのヨガマットの品揃えは楽天に引けをとらず、高級品から安価な商品までさまざまな選択肢があります。

質感やデザイン重視、コストパフォーマンス重視などさまざまな観点から選べる種類の豊富さが魅力です。

また、ヨガマットで商品検索をすると厚さ別に選択肢が出てくるのが特徴です。ヨガマットの厚さは体のバランスのとりやすさやクッション性に大きな影響を与えます。

2mm以下の薄型で収納性が高く、カーペットなどの併用を視野に入れたものや、7mm以上のフローリングに直接敷くことを前提にしたものまで2mm刻みでカテゴリわけされています。

自分の住む場所にあわせた厚みの中から、さらに価格やデザインで絞り込むことが簡単になっているのです。

また、ブランドにこだわる場合や評価順から選びたい場合などの検索オプションも充実しています。評判が良いものだけを選んで購入することも簡単です。

送料はショップごとに違いがありますが、amazonプライム会員の場合は無料になるものも存在し、すでに有料会員になれば送料無料のものから優先して購入することも可能です。

送料が思った以上にかかると言うストレスから開放されるのです。

amazonプライム会員はお試しから利用することも可能なため、上手に利用している人も多いです。

 

・ニトリ(魅力になるのがコストパフォーマンスの高さ)

ニトリのヨガマットは楽天やamazonに比べれば大幅に種類が限られ、物足りなく感じる人もいます。

しかし、コストパフォーマンスに選れているものだけが厳選されているため、価格に対する満足度は非常に高いのが特徴です。

種類が多すぎて迷ってしまう人はニトリのヨガマットを購入してから考えるのも方法で、ヨガマット入門にも向いているのが魅力と言えます。

種類が少ないと言ってもカラーバリエーションや厚さの違いで選択することができるため、不満を感じない人もいる程です。

ネックになりやすいのが価格の安さです。ニトリのヨガマットは価格が安い分送料無料の範囲に含まれないことが多く、単体で購入すると別途送料がかかってしまいます。

そのため、他の家具などをついでに購入し、送料を無料にするなど工夫をした方がお得になります。

セールなどの特別な事情がなければ税抜き7000円以上の買い物で送料が無料になるため、目安も簡単につけることができるのがポイントです。

もちろんムダな買い物を避けるために単体で購入しても送料込みでも2000円以下になることが多いのです。

・ヨガマット比較のポイントまとめ

ヨガマットを購入する場合は主要な通販業者の比較をしてから選ぶのがおすすめです。

それぞれに長所が異なりますが、わかりやすく安いニトリ、品揃えと検索のしやすさが魅力のamazon、ポイント還元率が高い楽天と分けることができます。

普段使っているかどうかでも使い勝手がかわるため、自分好みのサイトを利用するのがおすすめです。