旅ログ
スポンサードリンク

首都高の渋滞を避ける首都高ドライバーズサイト

便利な首都高だが渋滞が多くて困る…

首都高は便利ですが、渋滞もひどく発生し、予定していた所要時間を大幅にオーバーすることもしばしばあります。

首都高の渋滞

スポンサードリンク

首都高を利用するには、この渋滞をいかに避けるかがポイントになります。
そこで、首都高の渋滞を避けるポイントについて紹介していきます。

 

いち早く渋滞情報を調べるための方法

渋滞情報を調べるための方法は3つあります。

 

1つ目は、ラジオです。

車内ラジオ

 

AMやFMラジオでは、頻繁に渋滞情報を提供しています。

ラジオで渋滞情報を確認できるメリットとしては、車内でもラジオを聴いているだけで渋滞情報を入手することができることです。

 

2つ目はインターネットでの検索サイトです。

検索サイトで「渋滞情報」を入れて検索すると、まず最初にヒットするのは、「日本道路交通情報センター:JARTIC」です。

この日本道路交通情報センターは、ラジオで渋滞情報も提供していますが、ホームーページでもリアルタイムに情報を提供しています。

日本道路交通情報センター:JARTIC
http://www.jartic.or.jp/

 

首都高に限らず、全国の高速道路、都市高速、一般道の渋滞情報もカバーしております。

車で遠出をする場合には、事前にこのサイトで確認し、渋滞情報や事故情報を確認しておくと良いでしょう。

またこのサイトでは、災害関連で通行止めとなっている箇所についても確認ができます。

 

3つ目は首都高のインターネットサイトです。

 

サイト名は「首都高ドライバーズサイト」と言います。
http://www.shutoko.jp/

 

このサイトから首都高のリアルタイムな渋滞情報を提供するサイトにアクセスすることができます。

この渋滞情報を提供するサイトが「首都高道路交通状況マップ mew-ti/ミューティ」と言います。

首都高道路交通状況マップ mew-ti/ミューティ
http://search.shutoko-eng.jp/rtmap.html

 

首都高道路交通状況マップ mew-ti/ミューティについて

このミューティというサイトでは、首都高のあらゆる情報を提供しています。

特に、渋滞情報を充実しており、首都高のマップに合わせて、渋滞箇所は赤、混雑は黄色、さらに事故の発生箇所についてはバツマークで表示されます。

さらに、首都高では渋滞を発生させないために、出入り口を封鎖する場合がありますが、この出入り口の封鎖情報もマップ上に記載されます。

もし、首都高を利用する場合には、まずはこの首都高のリアルタイム渋滞情報を確認した上で、ルートを決定すると、渋滞を避けることができます。

 

場所別に解説!首都高の渋滞状況

東名とつながる首都高3号線の渋滞について

首都高3号線の渋滞は常に発生しています。

首都高3号線から東名に行く下り線では、池尻から三軒茶屋が常に混雑、もしくは渋滞をします。

この原因は、首都高の環状線C2からの合流による減速と、渋滞が発生するサグが絡み合っているためです。
この付近を走行する場合、時間帯によっては、池尻の手前である、高樹町付近から混雑する場合があり、特に金曜日の夜は大変な混雑が予測されますので、注意をしましょう。

 

また東名から首都高3号線に行く上り線では、東名の料金所から首都高の池尻まで混雑します。

朝の時間帯は東名の川崎インターチェンジの先から池尻まで混雑します。

この混雑のボトルネックは、用賀料金所手前からの減速と、首都高環状線C2への分岐による減速が起因しています。

 

中央道とつながる首都高4号線の渋滞について

首都高4号線も、渋滞がひどい区間として知られています。

特に朝の首都高4号線は、中央道から首都高4号線に行く上り線の渋滞がひどく、高井戸入り口から初台まで渋滞します。

この下り路線のボトルネックは、永福にある料金所と首都高環状線C2への分岐です。

 

また夕方は首都高4号線から中央道に向かう上り線で渋滞します。

金曜日の夕方になると、中央道の八王子料金所を先頭に首都高4号線まで渋滞が続く場合がありますので、注意しましょう。

 

さらに中央道は、夜には深夜高速バスが走る路線も多いです。

これは、中央道は東名と比較して渋滞回数が少ないということで、定時運行を目指す深夜高速バスにとっては、重宝される路線としても有名です。

従いまして夕方から夜にかけては、走行するバスの台数が多いので、この点にも注意しましょう。

 

アクアラインの渋滞について

最後に、アクアラインの渋滞情報について、紹介します。

アクアラインが開通し、東京から千葉、房総方面へのアクセスが非常によくなりました。

 

さらに料金もETCの場合には大幅に値下げされ、通常、普通車では3,090円かかるところが、ETCでは800円という破格で走行することができます。

アクアラインが渋滞するのは土日です。

土日の交通量は木更津付近のショッピングモールや、千葉にあるゴルフ場へ向かう方で多く、大変な渋滞が発生します。

 

特に早朝は、ゴルフ場へ向かう方で混雑が予測されます。

6時ごろまでにアクアラインを通過していない場合には、ゴルフ場のスタート時間に間に合わない可能性もありますので、注意してください。

 

また、千葉、房総方面から東京へ向かう車では、アクアラインを夕方17時前に通過していないと、大変な渋滞に巻き込まれることが予測されます。

帰りのアクアライン通過の所用時間は1時間から1時間半を見ておく必要がありそうです。