旅ログ
スポンサードリンク

各地で賑わいを見せる「スーパー銭湯」関東のTOP10はこんなお風呂!

現代の公衆浴場「スーパー銭湯」!

現在「スーパー銭湯」と言われるようなお風呂が流行っています。スーパー銭湯ですが、これは健康ランドといったアミューズメント施設的なものよりは設備は少ないですが、その分低料金で気軽に利用できるのが魅力です。

スポンサードリンク

photo by Norio NAKAYAMA

低料金の施設とは言うものの、浴槽やサウナ、高級なマッサージ椅子は当然のようにあるだけでなく、お風呂の種類がかなり多く、同時にそれがスーパー銭湯のウリとなっています。さらに飲食の行える施設もありますから、休みの日などに家族でぶらりと訪れるのに最適でしょう。

一般的な価格としては大人でも500円前後、東京都内の立地がよくて高い場所でも1000円から2000円ほどで利用することができます。

温泉水での営業が条件にないためあちこちに進出している!

スーパー銭湯の場合、お湯が温泉水でなければいけない、というルールはありませんので、水道水・もしくは井戸水を沸かして営業している施設も多いですが、最近は温泉地から温泉水を運搬し、温泉でないところでも温泉のお湯につかれるようにしている施設も増えてきました。

そのため、温泉のない都内のど真ん中や大阪・横浜・池袋といった場所でも温泉につかって体を癒やすことができるのが大きな魅力といえるでしょう。

ちなみに東京駅から近くの、それこそ徒歩で行くことのできるスーパー銭湯というのも存在します。列車の接続時間が長い場合や、東京へ着いた時間が朝早くで、一般の施設が利用できない時間でもスーパー銭湯は開いていますので、旅行者が駆け込むには最適な場所です。そのため会員でビジターなくても料金でも利用可能な施設が多いのです。

ただし残念なことに、東京駅に接続しているホテル「東京ステーションホテル」に併設されているフィットネスおよびスパ施設は残念なことに宿泊客か会員でないと利用ができないとのことです。

 

関東のスーパー銭湯人気TOP10

関東のスーパー銭湯でおすすめを10ヶ所をご紹介します。どこも素敵な銭湯ですので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

10位 天然温泉テルマー湯

天然温泉である神代の湯を毎日運搬して運営しているのがテルマー湯です。関東随一とも言える高濃度の炭酸浴を楽しむことが出来ます。

またゲルマニウムや岩塩など様々な種類の岩盤浴も楽しむことが出来ます。新宿駅から近くアクセスもし易いので、都心にお住みの方は気軽に訪れることが出来ますね。

 

天然温泉テルマー湯

http://thermae-yu.jp/

 

9位 美楽温泉 SPA – HERBS

温泉に岩盤浴、リクライナールームなど合計25種類から楽しむことが出来る埼玉のスーパー銭湯です。館内ではナノウォーターと呼ばれる特殊な水を利用しており、湯上り後はぽかぽかが持続しやすいと言われているそうです。

またフィットネスプログラムも取り入れており、フィットネス後に温泉を楽しんだり、岩盤ヨガというプログラムに参加することもできます。

まさに楽しく美容をケアできるスーパー銭湯です。

 

美楽温泉 SPA – HERBS

https://spa-herbs.jp/

 

 

8位 湯の郷ほのか 千葉蘇我店

お風呂や岩盤浴、エステなど充実した設備で昼は絶景、夜は幻想的な雰囲気を楽しみながら思う存分ゆっくりと入浴できます。最大の魅力は「入浴料」のみで8種類のお風呂と5種類の岩盤浴、そして2種類のサウナがあること。

なかでも、東京湾を望む「3階展望露天風呂」は、ジャグジーバス・シルキーバス・高濃度炭酸泉と人気の浴槽があり、景色も最高でした。

 

湯の郷ほのか 千葉蘇我店

https://yudokoro-honoka.jp/soga/

 

7位 横浜みなとみらい 万葉倶楽部

広い浴槽に豊かに満ちる無色無臭で透明な湯は、さらりとした感触目的ごとに4タイプの岩盤浴室。温泉に浸かると、肌や身体をいたわる気持ちが自然とわき起こってくるようです。

なかでも休憩や仮眠にご利用いただけるリラックスルームは、身体を包み込むようなゆとりあるサイズのリクライニングチェアで、憩いの時間を過ごせます。

 

横浜みなとみらい 万葉倶楽部

http://www.manyo.co.jp/mm21/

 

6位 熊谷天然温泉 花湯スパリゾート

生源泉と温活cafeネストでたっぷりとリラックスして、心も身体も温まる真の「温活」を体験できます。

木々花々が生い茂る広々とした露天風呂、富士溶岩・ヒマラヤ岩塩などを使用した8種類の岩盤浴洞、熱波ロウリュウイベントなど充実しています。

施設はTV付きリクライニングチェア、電動マッサージチェア、約1万冊のコミック・雑誌、コーヒー・ココア等のホットドリンク、ごぼう茶・しょうが紅茶などの温活ティー、Wi-Fi、PCスペースなどのサービスがすべて無料です。

熊谷天然温泉 花湯スパリゾート
http://hanayuspa.jp

 

5位 ほったらかし温泉 あっちの湯・こっちの湯

「こっちの湯」は木造りと岩造りの露天風呂、木の香り漂う内風呂の落ち着いた風情です。正面に富士山、右手に山梨百名山の一つ兜山の稜線を取り込み、眼下に甲府盆地を見下ろす眺望は変化に富み、素晴らしいロケーションでした!

右手に富士山、左手に大菩薩嶺を望み、眼下に甲府盆地東部を見下ろす雄大な眺望です。新しく誕生した二つ目の浴場。従来の「こっちの湯」に比べて、眺望も広さも全てが2倍のスケールのようです。

 

ほったらかし温泉 あっちの湯・こっちの湯

http://www.hottarakashi-onsen.com

 

4位 横浜天然温泉 SPA EAS(スパイアス)

横浜駅から徒歩5分にある横浜天然温泉でm人気イベント「ロウリュウ」1日8回実施している大人気のイベントです。 各従業員の個性豊かなロウリュウパフォーマンスが楽しめます。

女性専用のスペースの岩盤浴(朱蓮)には、パウダールームも併設されています。階段広場「グランスカーラ」でゆるやかな階段に座って読書したり、寝転んだり、思い思いのままリラックスしてください。

 

横浜天然温泉 SPA EAS(スパイアス)
http://www.spa-eas.com

 

3位 美楽温泉 SPA-HERBS(スパハーブス)

美楽温泉 SPA-HERBSは、すべてのお水に 「ナノウォーター」を使用しています。クリーミーで濃密なシルクの湯は最高です。

開放感のある露天風呂で優雅な庭園を愛でながら、まるで旅行に来たかのようなリゾート感があります。話題の「岩盤ヨガ」など、心とカラダを静めてリラックスできるアスレチックなどもあります。

 

美楽温泉 SPA-HERBS(スパハーブス)
https://spa-herbs.jp

 

2位 杉戸天然温泉 雅楽の湯(うたのゆ)

周囲を田園に囲まれたのどかな風景の中につくられた大露天風呂。地下約1500mから湧き上がる生源泉を加温・加水をしないでそのまま流し込んだ湯釜です。「シルク湯」と「高濃度炭酸温泉」が人気です。そしてこちらはご飯が美味しい!

@nifty温泉 年間ランキング4年連続総合1位の評価を受けたスーパー銭湯です。

 

杉戸天然温泉 雅楽の湯(うたのゆ)

http://www.utanoyu.com/index.html

 

ぜひこの湯に入ろう!スーパー銭湯でナンバー1の施設は?

スーパー銭湯ですが、東京都には2017年現在60 前後の施設があるようです。ランキングをつけるならばダントツで板橋区にある『さやの湯処』が1位となります。

『さやの湯処』

https://www.sayanoyudokoro.co.jp

この施設は東京では珍しい時前の温泉施設で、乳白色のにごり湯が源泉掛け流しで楽しむことができるだけでなく、岩盤浴のほかに、くつろぎスペースが非常に充実していることが理由として挙げられます。

東京で温泉に入りたい!という場合はぜひ利用してみてください。一番良い!というくらい良かったです。

 

 

現在の銭湯の原型は意外にも江戸末期にようやく成立


photo by t.ohashi

ところで銭湯のルーツですが、このような銭湯の原型がつくられたのは、江戸時代末期からだと言われています。意外と遅いですね。銭湯の前身は「湯屋」と呼ばれる施設で、江戸中期・完成の改革までときまでは完全な混浴だったとのこと。

といってもこの施設は足首までをお湯で温めつつ、蒸気によって体を清めるというものであったため、現在の銭湯の姿からは大分離れていたようです。

今も昔も愛されている銭湯は、スーパー銭湯として発展し続けています。