旅ログ
スポンサードリンク

インターネットエクスプローラーとマイクロソフトエッジの違いを比較

インターネットエクスプローラーとマイクロソフトエッジの違いについて以下で紹介します。

・MicrosoftEdgeとInternetExplorerの違いは?

スポンサードリンク

それは動作の軽さと2in1PCなどを視野に入れた機能のありなしです。

エッジはモバイル端末や2in1PC等の利用を視野に作られていて、非常に動作が軽快になっています。

動作が軽いということは消費する電力量が小さく、CPUへの負担が少ないということです。

また、手書きでメモをつける機能などもあり、直感的なメモを残したい場合も便利になっています。

タブレット端末などキーボードを呼び出したり接続したりするのは手間であることが多く、直接書き込めるのは大きな魅力です。

インターネットエクスプローラーはデスクトップパソコンか、その延長線上のノートパソコンで使うことを前提にしているため、設計自体が大きく異なっています。

 

 

・マイクロソフトエッジはWindows10の標準ブラウザです

正式名称は「MicrosoftEdge(マイクロソフトエッジ)」で、従来型のInternetExplorer(インターネットエクスプローラー)とは設計が異なっています。

マイクロソフトエッジはWindows10の標準ブラウザで、特に設定をしていない場合はエッジが起動することになります。

公式サイト
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/microsoft-edge

 

・Windows10は従来型のInternetExplorer11も搭載しています

エッジは動作が軽快であることや、様々な付加機能がつくなど便利な面があります。一方でデスクトップパソコンなどで使う場合は機能を生かしきれない部分が出てきます。

また、InternetExplorerに慣れている人は使い慣れたブラウザの方が使いやすいということもあり、Windows10ではインターネットエクスプローラー11も標準搭載しています。

自分の好みで使い分けができます。

エッジと比べると動作を遅いと感じることもありますが、業務上の利用が必要になる場合などは堅実に動くことが必要になります。

段階的に切り替えていく方法もあるため、どちらも選べるのはうれしいポイントになっています。

インターネットエクスプローラーもバージョンによって機能や動作性が変わるため、古いバージョンのままであればバージョンアップの更新をオススメします。

インターネットエクスプローラーのバージョン確認方法は、インターネットエクスプローラーを開き、画面右上のへルプメニューを開けばすぐ分かります。

ヘルプ項目内にバージョン情報が記載されているため、簡単に確認できます。

最新版のダウンロードはマイクロソフトの公式ページから行えるため、古いブラウザで動作に不満があったり、バージョンが古くてサポート外と表示が出た場合は切り替えるのも方法です。

公式:InternetExplorerのダウンロード
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/17621/internet-explorer-downloads

アップデートはWindowsUpdateにあわせて自動で行われますが、手動でアップデートする設定にしている場合はタイミングを見てアップデートをする必要があります。

 

・その他オススメブラウザ(軽さ、使いやすさ重視)3選を紹介します

インターネットエクスプローラーはインターネットの普及に大きく貢献しましたが、普及しすぎて攻撃対象になりやすくなるなど弱点もあります。

そのため、インターネットエクスプローラー自体をサポートしてないサイトも増えています。

そこで動作の軽快性や独自の追加機能を持ったブラウザも誕生しているため、他のブラウザを利用してみるのも良い方法です。

1.クローム

Googleが作ったブラウザがクロームで、スマホの端末も標準ブラウザがクロームというケースも増えています。

ブックマーク機能などが充実していることと、バージョンアップがこまめで動作が軽いことから大きく普及しています。

公式サイト:PC向け
https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html

 

2.ファイヤーフォックス

動作の快適さと軽快さを重視したのがファイヤーフォックスです。

ガジェット好きなどにも人気で、状況に合わせて使い分ける人もいます。

クロームをライバル視しており、クロームよりも優れているなどの売り文句がサイトにかかれているのも特徴です。

公式サイト
https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/

 

3.Opera

Operaはノルウェーで開発されたブラウザで、軽快さと同時にセキュリティ機能やプライバシー保護に力を入れています。

広告ブロック機能なども搭載されているため、邪魔な広告をできるだけ出したくない人にもおすすめです。

公式サイト
http://www.opera.com/ja

ブラウザを変えることで仕事やプライベートの時間の使い方が大きく変わることもあるため、一度今利用しているブラウザを見直してみるのもおすすめです。

遅いブラウザの見直しを!