旅ログ
スポンサードリンク

節約して1年で10万以上浮かす方法

スポンサードリンク

みなさん、突然ですがやっぱりお金って大切ですよね。懐に余裕があるだけで心の余裕も大きくなります。

しかし、さらに働く余裕はなかったりして、お金を儲ける手段がないという人もたくさんいます。

そんな人にはお金を稼ぐのではなく、今まで使っていた無駄を無くすことをお勧めします。

ということで本日は一年間で節約して10万円を手にする方法をご紹介したいと思います。

 

1.食費をプラン立てる

毎日の食事を作るときに、何を食べたいかで考える人が多いと思います。ですが、何円で作れるものを考える人は少ないと思います。

もしこの手法をとって週に500円今までよりも節約することが出来るとしたら、月では2000円、一年では24000円も浮くことになります。

 

2.お風呂の間隔を空けずに入る

もし家族が複数人いると間隔を空けてお湯がさめてしまったりするとふたたびお湯焚きするのにガス代がかさみます。こちらは一日一回多いと一年で5000円の差が生まれます。

 

3.エアコンはカーテンをしめて使う

カーテンをしめておくことによって、冷房でも暖房でもその効き目が1℃は良くなることが分かっている。

これによって1℃冷房なら上げて、暖房なら下げることにより、一年間で1000円程度うかすことができます。

 

4.ガソリン代を上手に安くする

普段車を使う家庭でしたら年間を通してガソリン代がバカにならないはずです。

この負担を減らすためにまずガソリンスタンドの会員になりましょう。そうすることで通常の値段よりリットル当たりの値段が2,3円安くなります。

またなるべく5%OFFの日などに行きましょう。それだけで1回6000円だとすると300円近くうきます。月に一回補給すると考えると3600円です。

 

5.自動車保険外車を見積もり直す

契約するところで値段の差が大きい自動車保険、一度インターネット見積もりをしてみると2000円近く安いところがあるなんて多々あります。

もしそうだとすると年間で24000円も浮くことになります。

 

6.節水キャップを用いる

私たちの生活で水は必要不可欠で月の料金も結構します。

そこで、市販の節水キャップを用いてやると月に10800リットル金額にして2500~2600円もお得になります。なので年間にしてみると 31000円近くも安くなるわけです。

 

7.節電タップを用いる


水と同じく私たちが生活していくためには電気が必須です。

そしてこの電気、コンセントにプラグを挿してるだけでけっこう消費してしまいます。

これを抑えてくれるのが節電タップです。家の主要電化製品に取り付けると月で400円、1年で4800円も節約することができます。

 

8.料金明細をインターネット通知にする

ネットの明細表は月に一回届くはずですが、このときに郵送料金として毎回100円かかっているのです。

したがってインターネット通知に変更することで年に1200円もお得にすることができるのです。

 

9.公共料金はクレジットカードを用いる

クレジットカードを用いるとおのずとポイントが貯まっていくシステムになっています。

なので還元率にもよりますが、1%だとすると月々光熱費等が合わせて16000円ほど払ってるならば、月に160円ほど儲けが出ます。

年には1600円も儲けるわけですね。

 

10.寝るときは湯タンポを使う

 

最後になりますが、冬場は湯タンポを使って暖房代を浮かしましょう。エアコンは一時間使うとおおよそ700円かかるそうです。したがって睡眠時間を6時間とすると月に4200円。冬場の2ヶ月使うとしたら年間8400円でもっと使ってた人はもっと浮くはずです。

 

いかがでしたでしょうか?生活の中で少し工夫するだけで、年に10万円以上てに入るわけです。

10万円あったら旅行はもちろんいろんなことができますよね。是非ともここでの工夫を用いて賢く生活していきましょう。


ライタープロフィール
佐藤範子
大家族の主婦。常に節約を考えていて節約家の身です。節約したお金で旅行計画を立てるのを楽しみにしている。