旅ログ
スポンサードリンク

ダイハツのタントなど人気の軽自動車を比較

今とても軽自動車は人気で、ガソリンの高騰によって燃費の良い軽自動車が選ばれています。

各社それぞれ軽自動車に力を入れていて、実際どの軽自動車が良いか迷います。

ダイハツ 軽自動車

スポンサードリンク

そこで人気の軽自動車の代表格のダイハツのタント、そしてN-BOX。それぞれの性能や特徴を比較してみました。

自分に合った軽自動車を選ぶのに参考にしてみてください。

 

ダイハツのタント、N-BOXを比較

ダイハツのタント

ダイハツ 軽自動車

ダイハツ「タント」の特徴

ダイハツのタントは操作のしやすさから女性にとても人気の車種です。

センターピラーレスの実現で、乗り降り、荷物など出し入れがスムーズになりとても快適に利用が出来ます。

ダイハツのタントは軽自動車とは思えない快適な広さを実現した代表格といえるでしょう。

そしてなんといっても2018年1〜4月におけるダイハツのタントの販売台数が5万台を超え圧倒の人気を誇っています。

それだけダイハツのタント沢山のユーザーに選ばれています。

ダイハツのタントは室内が軽自動車なのにとても広い構造で、更に両側スライドドアで開け閉めがとても便利で使い勝手がよく、一番は燃費がとても良く経済的にも乗り心地にもピカイチです。

ダイハツ タントのスペック

ボディサイズ 全長3,395 全幅1,475 全高1,750
乗車定員 4人
エンジン 直列3気筒 DOHCターボ、直列3気筒 DOHC
最高出力 ターボ:47kW[64PS]/6,400rpm NA:38kW[52PS]/6,800rpm
駆動方式 FF・4WD
燃費 FF:26.0~28.0km/L 4WD: 24.6~27.0km/L
新車価格 120万〜170万円

ダイハツのタントのメリット

開口幅1490mmと広々したスライドドア
軽自動車の中ではトップの低燃費で経済的(28.0km/L)
最新のエコアイドル機能採用
座席の下のがフラットで快適

詳細はこちら
https://log-note.net/daiha/

 

N-BOX

ダイハツ 軽自動車

N-BOXの特徴

軽トールワゴンカテゴリーの代表格です。広い室内と使いやすい電動スライドドアでとても使い勝手が良い構造となっています。

こちらも小さい子供がいる家庭や女性人気の車種となっています。

特に安全性にもすぐれていて、標準装備でグレードの高いサイド/カーテンエアバッグで軽自動車ならではの安全に考慮した車種となっています。

アジャイルハンドリングアシストでカーブを曲がる際にも気持ちよく曲がれ運転しやすく、そういうところが女性にも人気の軽自動車となっています。

N-BOXのスペック

ボディサイズ 全長3,395 全幅1,475 全高1,790〜1,815
乗車定員 4人
エンジン 直列3気筒 DOHCターボ、直列3気筒 DOHC
最高出力 ターボ:47kW[64PS]/6,000rpm NA:43kW[58PS]/7,300rpm
駆動方式 FF・4WD
燃費 FF: 25.0~27.0km/L 4WD: 23.0~25.4km/L
新車価格 N-BOX:135万〜190万円 N-BOXカスタム:170万~230万円

N-BOXのメリット

電動スライドドアで開口幅が広く乗り降り楽々可能
軽自動車の中では最高の室内空間
荷室が軽自動車として規格外に広い
自動ブレーキが装備されている

詳細はこちら
https://log-note.net/honda/

 

ダイハツのタント、N-BOXを比較まとめ

いかがでしたでしょうか?ダイハツのタントなどの軽自動車の特徴やスペックなどをまとめました。

上記に上げた2車種は軽自動車の中でも人気の誇る車種で、乗り心地、燃費など総合的にどちらも最高の車種といえるでしょう。

是非参考してもらい自分に合った軽自動車を選び、快適なカーライフを送ってみてはいかがでしょうか?


ライタープロフィール

篠原聡

自動車関係の仕事に従事しながら、ライターとしても新車のスペック情報など、ユーザーためになる内容の記事を執筆。