旅ログ
スポンサードリンク

建築施工図を作る無料CADソフトなら『jw cad』

自由に線種をカスタマイズできる2次元汎用CADソフト『jw cad』。線種の色や線の幅などを自由にカスタマイズ可能で、とても便利なフリーソフトです。

そんなjw cadのダウンロード方法から便利な使い方などを紹介します。

 

■無料で使えるjw cadを紹介します

jwcad Jw_cad

スポンサードリンク

下記では幅広い用途に限られない汎用性のある無料ソフト、Jw_cadのメリットについてご紹介していきます。

 

▲無料で使えるjw cadが選ばれる理由

jww cad フリーソフト Jw_cad 窓の杜
コンピュータを使って設計するためのCAD作成ソフトは、通常数万から数十万と非常に高価格な物が多いですが、上記でも説明したとおりJw_cadは初心者の方でも無料で利用することができるCAD作成ソフトです。

Jw_cadの特徴は、建築士がソフトの開発に携わっていたこともあり、建築汎用CADとも言われているほど建築業界で普及している点です。

 

■jw cadの4つのメリット

jwcad Jw_cad

・無料ソフトのため導入に負担がかからない

・本来手作業で行っていた製図や看板や名刺・アニメーション等のデザインにも幅広く対応しています。

・クラウドに対応しているため、サーバに置いておくことでインターネットを利用できる場所ならどこでも利用することができる。

・利用者が多いため掲示板を利用することで不明点を解消するためのサポートがついている。

 

■Jw_cadのダウンロード方法を紹介

jwcad
下記ではjw cadのダウンロード方法を説明していきます。

1:jw cadのホームページに行く

http://www.jwcad.net/

2:Jw_cadをダウンロードする

リンク先のダウンロードの項目をクリックすると2つのリンクが表示されますので、最新版の方の『jwcad.net』を選択します。これをクリックすると『jww803a』というファイルが自動でダウンロードされます。

3:ダウンロードされた『jww803a』を開き、インストールを開始する

ファイルにダウンロードされた『jww803a』をクリックしてインストールを開始します。

 

■Jw_cadの便利な使い方

jwcad Jw_cad

上記でも説明したとおり、Jw_cadは建築業界で使われていることもあり建築の平面図が簡単に作成できます。

建築専門機能に優れているため、『建具平面』のコマンドを使うことで簡単に平面図を作ることができます。

もちろん平図だけではなく立面図や断面図もコマンドもあり、クロックメニューで挿入すれば簡単に作図することも出来ます。

 

■Jw_cad以外のCADのフリーソフト紹介

下記ではJw_cad以外のオススメ無料CADソフトDraftSightとGoogle SketcUpについてご紹介します。

▲DraftSight

jwcad Jw_cad
DraftSightとはフランスのダッソー・システムズ社が提供している無料のCADソフトです。

DraftSightの特徴として、世界的に使われている『AutoCAD』に操作方法が似ているいるだけではなく機能もほぼ同等で、非常に優秀な無料CADソフトである点で有名です。

DraftSightは、無料版と有料版に分けられていて、無料版は一切のサポートがない点がデメリットですが、無料でプロフェッショナル使用の機能を全て使うことができます。

▲Google SketcUp

jwcad

Google SketcUpは名前の通り、米国Googleから出た無料のCADソフトです。

特徴としては、描いた絵を起こして立体を作ることを基本としているため、他のソフトよりもずっと簡単に3D画面をつくることが可能です。

そのため、ストレスがなく敷居が高い3D画面を簡単に作れるため、初心者の方にもオススメです。

また、無料版と有料版がありますが、無料版でも機能的に問題なく利用することが出来るのも『DraftSigh』同様おすすめできる特徴の1つです。

 

■Jw_cadのまとめ

jwcad Jw_cad

いかがでしょうか。趣味で使いたい人も、仕事で使いたい人にも対応しているJw_cadは建築施工図を書くのにとても優れた無料ソフトです。

CADをいままで使ったことがない人が独学でやるには難しく感じる事があると思いますが、Jw_cadの解説系の本もたくさん出ていますし、サイトでも初心者向けにいくつかありますのでぜひ確認してみてください。


ライター名 野崎かえで
プロフィール ライター暦10年。ジャンルとしてソフト系などパソコン関連の記事を発信。以前SEとしての経験を活かしためになる記事を提供しています。