旅ログ
スポンサードリンク

ジェットスターの特徴を紹介!ジェットスターをお得に利用できる予約サイトを比較

ジェットスターは、格安航空会社(LCC)で国内線・国際線の航空会社であり、運賃の安さから信頼されている航空会社です。

・ジェットスターとはどんな会社?

ジェットスター

スポンサードリンク

格安と聞くと「安全面では大丈夫なのかしら」「なにかしら落とし穴があるのでは」と思われがちですが、ジェットスターは上記のように世界を誇る大手の会社です。

ジェットスターは安さの秘密は裏があるわけでもなく、安全面で劣るということもないので、一重に「企業努力の賜物」だといえます。

・ジェットスターがなぜ人気があるのかわかりやすく解説

ジェットスター

LCCの中で、ジェットスターは国内2番手という立ち位置ではありますが、安定した人気を誇る航空会社なのは間違いありません。東京では成田空港の発着となっています。

では、なぜジェットスターは一定の支持を受け現在の立ち位置まで登り詰めてきたのでしょうか。まずは、気になるそのその理由を探りたいと思います。

まず、LCCの根幹である航空券がしっかりと安いことが、支持されている最も大きな理由の一つです。

ジェットスターでは、もし同時刻の同ルートでジェットスターよりも、安い他の航空券があった場合には、それよりも10%も安い航空券を発行してくれる「最低保証」を行なっています。

これは非常に魅力的であり良心的なシステムだといえます。ジェットスター国内線はJALとの共同運航なので、管理は全てJALが行なっています。

JALは大半の方々が聞いたことがある有名な航空会社ですよね。その歴史あるJALが共同運営を認めた会社ですので、信頼度も高いといえます。

また、機体や機材も新しいですし、安心して利用できるのもジェットスターの魅力といえます。

機内に染み付いた臭いは独特で、清掃をなされていても気になってしまうものですが、ジェットスターの機内は清潔感があり評判が良いです。

 

ジェットスターの各種サービス

ジェットスター

 

・初心者でもわかるジェットスターの予約方法

ジェットスターはウェブでも簡単にできますし電話でも可能です。非常に便利なのはコンビニでもできる点です。

しなくちゃいけないけれど、すっかり忘れていた…という時には休憩時間やコンビニに寄ったついでに、できてしまうのです。

便利な世の中になりました。ジェットスターは、時代の流れに合わせています。

また以下のリンクはジェットスターの公式サイト内ですが、トップページから簡単に確認や変更も手軽にできますので安心ですね。

 

・機内に持ち込みOKな物は?大きな手荷物は持ち込み可能?

ジェットスターの持ち込める荷物の重量は以下のようになっています。

エコノミークラスで合計7キロ

キャリーケースなどの手荷物1個と、ハンドバックなど手回り品1個、合計2個

ビジネスクラスで合計14キロ

キャリーケースなどの手荷物2個とハンドバッグなど手回り品1個、合計3個
※手荷物1個当たりの重量が7キロ超えないこと

という具合に区別され定められています。

 

ジェットスターは大きな手荷物も持ち込み可能

そして、別途料金が発生しますが、大きな手荷物も持ち込みは可能となっていますので心配はございません。

1辺の長さが1mを超えるものはサイズの大きな手荷物に該当しますので、搭乗者1人につき2個まで持ち込むことが可能です。

重量制限もあり、1個当たり32キロとなっています。少し煩わしく感じるかもしれませんが、これも安全なフライトをするための大切な決まりごとです。

また、寸法制限もあります。搭乗する航空機で違いますが、1辺の最大寸法が2.0メートル以上の場合は一度問い合わせをして確認する必要があります。

 

・ジェットスターの時刻表が知りたい場合どうすればいい?

ご安心下さい。自宅にいながら時刻表も簡単に知ることができます。

電話での問い合わせも勿論可能ですが、正直電話で問い合わせするのは面倒くさいですよね。

それに保留のまま待たされる場合だってあります。「時間がないから早く知りたい」とか「待たされるのが嫌!」という方はジェットスターの公式サイトでも好きな時に確認が可能です。

以下のリンクから時刻表が見れます。季節ごとに随時更新されていますよ。

また天候によってはフライト状況、運行状況は非常に気になりますね。それに関しても大丈夫です。ジェットスターの公式サイトにて簡単に確認できます。

 

・こんなに安いの!?驚愕の安さの運賃を一部紹介!

ジェットスターの安さは時期にもよりますが、安い時には何と国内線の片道が3000円~4000円ほどの料金で飛行機に乗れてしまいます!

素晴らしいですよね。遠くは札幌~東京間までこの値段で移動できてしまいます。

 

・安い運賃が更に安くなるスーパースターセールの実力はいかに

「スーパースターセール」なる期間限定のキャンペーンがあります。

通常料金でさえ安いのに、それに加えて破格の運賃で搭乗できるという素晴らしいキャンペーンです!

これは実に有り難いです。驚きの片道990円なんていう料金設定の場合もあり、ただただ驚くばかりですね。利用しないのは損でしょう。

こうして運賃を浮かせた分、美味しいものを食べたり、または買い物に費用をまわせますよね。

 

・ゆるキャラ業界注目のジェッ太の魅力を紹介!

ジェットスター

ジェットスターには、みんなが大好きな「ゆるキャラ」がいます。

大人気で一世を風靡した動物のレッサーパンダをモチーフにしたキャラクターは、とっても愛らしく子供から大人まで愛されているキャラクターです。

 

 

 

・安くて安心のジェットスターを利用しましょう!

ジェットスター

 

いかがでしたでしょうか。ジェットスターが人気である秘密が、これでよく分かりましたね。

ジェットスターの安さの秘密を知ることで、安心して利用できます。料金の安さや公式ページの充実度も利用者としては非常に魅力で助かります。

ちょっとした空き時間にお得な情報をチェックして、すぐにできるというスタイルは今の時代に合っています。

何よりも「簡単」なのが嬉しいですね。こうして詳しく調べてみると納得できます。

運行情報や発着案内は公式ページのほうをご覧下さい。

 

 

・ジェットスターを予約するならどこがお得?

 

ジェットスター公式ページ

ジェットスター jetstar
>>ジェットスター公式ページはこちら

特徴

ジェットスターの公式ページではセールもやっていて、お得に利用できる情報も満載です。

ポイントもついていて期間によってはポイント5倍のときも!?お得に利用が可能です。

最安値一例

東京(成田)⇒札幌(新千歳) 4390円~
東京(成田)⇒大坂(関西) 3470円~
東京(成田)⇒福岡 4790円~
東京(成田)⇒高知 4990円~

 

スカイ・シーの航空券モール

ジェットスター

>>格安航空券モールはこちら

特徴

スカイ・シー航空券モールは、国内航空券に特化したオンラインの旅行会社です。そして国内最大級だけあって、14社の航空会社を取り扱っています。

メリットはリアルタイムで可能、最短3時間前まで可能、最大83%オフの商品があり、空港の詳細情報を表示などがあります。

最安値一例

東京(成田)⇒札幌(新千歳) 4390円~
東京(成田)⇒大坂(関西) 4790円~
東京(成田)⇒鹿児島 5990円~
東京(成田)⇒那覇 5690円~

 

さくらトラベル

ジェットスター

>>さくらトラベルはこちら

 

特徴

さくらトラベルは国内線全16社を一括でみれ手軽に会員登録なしでもできるのが特徴です。

日付ごとの料金も見ることができるので、その月の最安値をカレンダー表示で一目で分かりとても便利なサイトです。

 

最安値一例

東京(成田)⇒札幌(新千歳) 5490円~
東京(成田)⇒福岡 5620円~
東京(成田)⇒那覇 6230円~

 

上記が最安値ですが、各種サイト時期により値段が変りますのでその日の金額を見るのががベストです。

しっかりその日程のジェットスターの料金を見比べましょう。

 


ライター名 今井範子
プロフィール 世界180カ国の旅行経験あり。世界遺産を見るのが趣味。航空会社に精通していて、情報を発信。