旅ログ
スポンサードリンク

ふるさと納税(ふるさとチョイス、さとふる、ふるぽ)を比較

お礼品がお得なふるさと納税について紹介します。

スポンサードリンク


ふるさと納税は知っているけど、一体どうすればいいのか?どこがいいのかなど知らない事がいっぱ!なんていう方は沢山います。

ふるさと納税をいざ始めようと思っている方、まずはふるさと納税サイトに申し込むから始めます。

しかしいざ探してみると、ふるさと納税のポータルサイトが沢山ありどれがいいのか迷って結局辞めてしまう方も沢山います。

そこで有名なふるさと納税サイト4社の特徴を紹介します。是非参考にしてみてください。

 

ふるさと納税(ふるさとチョイス、さとふる、ふるぽ)を比較してみました。

 

ふるさとチョイス

自治体数:約1300自治体

お礼品の交換:寄付ごとに交換/ポイントと交換

マイページ機能:○

クレジットカード利用:自治体による

特徴:ふるさと納税サイトの老舗「ふるさとチョイス」自治体数、お礼品掲載数ナンバー1です。(ふるさとチョイス限定お礼品あり)お礼品でほしいものが決まっているのならここを比較する価値あります。

詳細はこちら:https://log-note.net/go/fulusatochoics/

さとふる

自治体数:382自治体

お礼品の交換:寄付ごとに交換/ポイントと交換

マイページ機能:○

クレジットカード利用:○

特徴:大手のソフトバンク系列の会社が運営。検索の使いやすさがとても充実していて、パソコンだけでなくスマホからでも楽々手続き可能。決済手段が多岐にわたってありとても便利です。あと申し込み後一週間でお礼品がと届きます。

詳細はこちら:https://log-note.net/go/satofull/

ふるぽ

自治体数:204自治体

お礼品の交換:ポイントと交換※一部例外あり

マイページ機能:○

クレジットカード利用:ふるさとチョイスと提携Yahoo公金払い

特徴:JTBが運営しているふるさと納税サイト。ふるさと納税サイトでは特殊のポイント制の専門サイトです。JTBだけあって、旅行券としてポイントが使えるのも良いです。寄付したときにつくポイントは、好きなタイミングで返礼品に交換できるのでとても便利です。ポイント制の自治体で寄付すると決めているなら、間違いなくふるぽに登録必須です。

詳細はこちら:https://log-note.net/go/fulup/

ふるさと納税まとめ

いかがでしたでしょうか?ふるさと納税(ふるさとチョイス、さとふる、ふるぽ)を比較についてまとめました。

上記紹介したふるさと納税のポータルサイトの特徴やメリットなどを理解した上で登録する事をオススメします。

お得なふるさと納税、まだ初めて無い方は是非登録してみてください。


ライター名
橋爪紀子

節約大好きな主婦。ふるさと納税はもちろんのこと、いろいろな事で節約を実行中。ライターとしても節約術を執筆中。