旅ログ
スポンサードリンク

dTVなど3大VODサービスを簡単比較!最適なプラン選びに!

スマートフォンの普及に伴って「視聴者が観たいときにいつでもコンテンツを楽しめる」ビデオオンデマンドサービスが広く普及しています。

今回は、国内登録者数上位のdTVなどそのほか2社のサービスを比較していきます。

 

■dTVなどのサービス内容を紹介

まず料金がいくらかを調べる前に、そもそも利用したいサービスがあるかどうかを重視しながら各サービス内容についてみていきましょう。

・国内登録者数、コンテンツ数が多いTBS系に強いdTV

dTV

スポンサードリンク

「dTV」は通信大手ドコモが運営するコンテンツサービスです。国内登録者で上位を誇り、携帯電話契約時にセットで契約する人も多いことで知られています。

dTVはコンテンツ数も国内ドラマや海外ドラマともに多種多様で総勢12万種類を超える圧倒的な収録数となっています。

dTVはTBSと連携しており、同放送局が手掛ける作品に関して特に優位性を持っています。

dTVは見逃し配信機能では、放送後から最大14日間視聴することができるようになっており、忙しくてつい見逃してしまったドラマやアニメなどを放送期間中に追って見返すことができます。

ただし、dTVはアニメやバラエティ番組などの見逃し配信は強いものの、ドラマでは一部、見逃し配信を行っていない作品も存在します。

 

・フジテレビ系列の最新ドラマに強い!さらに電子書籍サービスで有名なFOD

dTV

FOD(フジオンデマンド)は、その名の通り、フジテレビが運営するビデオオンデマンドサービスです。多くはフジテレビ系の映像コンテンツとなっており、地上波放映されている各種ドラマが独占配信されています。

見逃し配信機能も充実しており、国内ドラマをよく見る方に特におすすめで。反対に海外ドラマやその他のコンテンツにはあまり興味がないという場合ぴったりでしょう。

FODではさらに電子書籍サービスが非常に充実しています。100誌を超える電子雑誌と15万冊以上の漫画を読むことができます。

これはほかのビデオオンデマンドサービスと比べて明確な優位性となっています。

 

・海外ドラマのNetflix(ネットフリックス)

dTV

もともと海外で2007年から展開されていたビデオオンデマンドサービスが「Netflix」です。フジテレビと提携して2015年から日本でも広くサービスが開始されました。

海外勢ということもあって海外ドラマや海外映画に強みを持ち、各種コンテンツをダウンロードしてオフラインで視聴し何度も見返す際の通信量を節約できるといったメリットを持ち合わせます。

日本だけでなく世界的に有名なビデオオンデマンドサービスであり、海外作品を多く視聴する人におすすめのサービスとなっています。

 

■dTVなどの料金を比較

dTV

・ワンコインの安さで視聴できるdTV

ドコモが運営する録者数上位を誇るdTV。その月額料金はなんと500円という低額料金を実現しています。

スケールメリットを生かした低料金は、ほかのビデオオンデマンドサービスと比べた際の明確な優位性です。

・豊富な電子書籍コンテンツも利用できて低料金なFOD

フジテレビ系ビデオコンテンツのほかに豊富な電子雑誌や電子コミックなどのサービスも兼ね備えるFOD。

そんなFODプレミアムプランは月額888円から利用することができます。

・3つの料金体系を用意するNetflix

Netflixでは、同時に視聴できる画面が1つだけ、HD画質でないなど機能を抑えたベーシックプラン(月額800円)、同時視聴画面が2画面、HD画質に対応したスタンダードプラン(月額1200円)、同時視聴画面が4画面、4K画質にまで対応したプレミアムプラン(月額1800円)という3つの料金プランが用意されています。

dTVなどのサービスまとめ

dTV

 

これまでの「月額料金」と「サービス内容」の比較をまとめると、各社のサービスはこんな人に向いているといえるでしょう。

圧倒的収録数の作品のなかから有名過去作品を自分のペースでゆっくり観たい、フジテレビ系ドラマはあまり観ない、リアルタイムでドラマ放送を追いかけるタイプではない(完結してからまとめてみるタイプ)という人にはdTV。

週刊誌、そのほかファッション誌、株式投資や車、野球や将棋など多彩な電子雑誌をよく読む人、フジテレビ系ビデオコンテンツ(特にリアルタイムでドラマ放映を追いかける見逃し配信)を重視する人ならFOD。

とにかく海外作品が観たいんだという人はNetflix。

各社、得意とするサービス内容がはっきりと分かれているため、ご自分のニーズにあったプランを選んで快適な視聴ライフを楽しんでいきましょう。


■ライター名:ぽんこつMovie

プロフィール:パソコンやスマートフォン、周辺機器やソフトウェア、各種サービスのテレフォンサポート職を経験。現在は、在宅ライターとして活動中。