旅ログ
スポンサードリンク

デザインソフトのPhotoshop(フォトショップ)とIllustrator(イラストレーター)を比較

フォトショップとイラストレーターって違いにあるの?どちらもデザインを関係のソフトとだけわかっている方は実は沢山います。

実際は全く用途や特徴が違います。そこでフォトショップとイラストレーターについて比較してみました。

 

Photoshop(フォトショップ)とIllustrator(イラストレーター)を比較

フォトショップ Photoshop

スポンサードリンク

 

Photoshop(フォトショップ)

フォトショップは大まかに言うと、写真や画像の加工を行うソフトです。無数の点の集まりで作られた画像(ビットマップ画像)を取り扱うのが得意なソフトがフォトショップです。

特にPhotoshopが向いている加工は写真や素材などを作ったり、全体の色の調節やグラフィックデザインやイラストの作成などが向いています。

Photoshopのファイル形式

Photoshopを保持するには、PSD拡張子で画像を保存します。Photoshopの保存の形式はもともとの初期設定のファイル形式で、他のアドビのアプリでも多くの機能を維持することができます。拡張子は.psdと.pddで保存が可能です。

チラシやポスター制作:○(写真・画像を本格的に加工)
アイコン・ロゴ制作:△
立体感のあるグラフィック:○(影やエンボス加工により立体感が可能)
写真加工:○
ペンタブで絵画:○
詳細はこちらhttps://log-note.net/photkakou/

Illustrator(イラストレーター)

Illustratorはベクトル画像を取り扱うのが得意なソフトです。ベクトル画像というのは縮小と拡大を繰り返しても画質が落ちないものです。

llustratorに向いている加工は、文字やレイアウトの作成、ロゴやイラストの作成です。細かい図柄の描き込みや図形など各オブジェクトのレイアウトをデザインできます。

Illustratorのファイル形式

Illustratorのアートワークを保存できるファイル形式には、AI、FXG、SVG、PDF、EPSの5種類があります。その中のAIデータは、Illustratorの編集データなどを保存できますが、その拡張子では基本的にはIllustratorのソフトでしか開く事が出来ないので注意が必要です。

チラシやポスター制作:○(文字やアイコンなどのレイアウトが得意)
アイコン・ロゴ制作:○
立体感のあるグラフィック:△
写真加工:×
ペンタブで絵画:△(有る程度は可能)
詳細はこちらhttps://log-note.net/go/illustrator/
 

フォトショップ、イラストレーターを比較まとめ

フォトショップ Photoshop

いかがでしたでしょうか?フォトショップ イラストレーターは全く特徴や用途が違います。

写真加工ならフォトショップ、イラスト作成ならイラストレーターとそれぞれ得意な分野がありますので、自分が使う用途に合わせてソフトを利用する事をオススメします。


ライター名
野田恵美

デザイナーとして勤務。ロゴの作成や、バナーの加工など主に担当しています。ライターとしても実績があり、得意分野の記事を執筆。1児の母として仕事に家庭に日々奮闘中。