旅ログ

ヤマダ電機など大手家電量販店のお得なポイントカードや還元率などを比較

大手の家電量販は複数あります。代表的なのはヤマダ電気です。それ以外にも沢山有り、実際購入するにあたってお得に買い物が出来るとこってどこなの?と疑問に思いますよね。

最近ではヤマダ電気のように郊外中心に出してきたが都内に進出し、どこも割引やポイント還元などでお得に買い物が出来ます。

ヤマダ電機

消費者にとってはありがたいことですよね。

そこでヤマダ電機など家電量販電機を比較しました。まずはヤマダ電機の詳細をお伝えします。

 

・お得なヤマダ電機のポイントカードとは?

 

ヤマダ電機

まず、初めにヤマダ電機のポイントカードについての基本情報を紹介します。ヤマダ電機のポイントカードを作るに至って必要なものは、氏名、住所、電話番号です。

入会金、年会費は永久無料

そして、ヤマダ電機は入会金、年会費は永久無料です。入会金、年会費が無料なので作っておくほうが断然お得です!

ヤマダ電機のポイントカードを作りたい方は、ヤマダ電機に出向いてもらって、申し込み用紙に、名前、住所、電話番号等を記入するだけで簡単に作成することができます。

わからない場合には聞いてみてください。私も聞きながらカードを作成しました。とても親切に教えてくれますので、恥ずかしがらずに聞いてみましょう。

半永久的にポイントを残すためには利用し続けること

そして、ヤマダ電機の気になる還元率とポイントについてですが、ポイントを使用する場合には1ポイント=1円で利用することが出来ます。

ヤマダ電機の還元率は商品によって違いますが、基本は購入金額の10%がポイントになります。中にはポイントが付かない商品もあるので、そこは購入の際に確認しておきましょう。

※ポイントの有効期限は最終の購入日より1年間です。なので、1年過ぎる前に一度利用されると半永久的にポイントが残り、利用することができます。

 

ヤマダ電機で今すぐ使えるお得な値引き方法!

ヤマダ電機のポイントを貯めたり使ったり出来る提携サイトを紹介しましたが、上記のサイトを使わな方には有益な情報ではありません。

ですが、どうでしょうか?ヤマダ電機の商品に対しての値引き交渉はポイントで行うことが出来ます。

以前、私もヤマダ電機の方に値引き交渉を行ったことがあるのですが、「基本商品の値段を下げることはできません。ですが、その分ポイントの還元率を上げることなら出来ます」と言われたことがあります。

つまりその多く貰ったポイントをその場で使用して商品の値引きにあてるということです。

基本的には10,000円以下の商品に対しての交渉は難しいのですが、テレビ、パソコン、冷蔵庫などの10,000円を超える家電製品を購入する際には、ポイントでの値引き交渉を進めやすいことがあります。

私はこれでもっとお安くなりませんか?と2回ほど頑張ってもらい、お得に商品を購入することが出来ました。

ヤマダ電機は今では国内の家電量販の代表です。以前までは郊外を中心にだしてきたのですが、いまでは都心部まで網羅しています。エースともいえるヤマダ電機。都心部から郊外まで、どんどんだしています。お近くにもあるという方も多いのではないでしょうか?

 

・知ってるとさらにお得なポイントカードの情報

 

ヤマダ電機のポイント還元まとめ

ヤマダ電機

ヤマダ電機の還元率は10%でヤマダ電機で現金払いとカード払いでポイント還元率が変ります。これはあまり知られて無いのですが。現金の場合には、基本の還元率は10%になります。カード払いの場合には8%となっています。

すべての商品がそうではなく、ゲームや書籍、はがきなどの特定のジャンルや値引き品は低い還元率が設定されています。もちろんカード払いでも還元率が変るケースもあります。

貯められるポイントはヤマダポイント

ヤマダポイントは1ポイント=1円で利用でき、最初にポイントを共通化することで、ヤマダ電機でも、ヤマダウェブコム(ネットショッピング)でもポイントを共通利用することが可能です。

ヤマダポイントの交換先としては、以下のポイントがあります。

ベルメゾンネット
ANAマイレージクラブ
DRAGON QUEST Ⅹ(オンラインゲーム)
FINAL FANTASY ⅩⅣ(オンラインゲーム)
思ひ出シアター

ヤマダ電機の嬉しいところは、ポイントが計算上1ポイント未満の場合の切り上げでつきます。

つまり、例えば0.2ポイントが端数として発生した場合には1ポイントとして扱ってくれるということでお得にポイントがたまります。

 

コジマ電気のポイント還元まとめ

ヤマダ電機

太陽のキャラクターといえばコジマ。ビックカメラと提携して、ポイントもほぼ共通化されました。

よいところは、還元率は商品によって柔軟に決まっています。以前の還元率は1%と決して高くなかったのですが、ビックカメラとの業務提携によって最大10%程度という高還元率になりました。

もちろん商品によって柔軟に還元率が設定されているので注意が必要です。

さらにPontaポイントを貯めることもできるようになり、ポイントと同時に貯めることは残念ながらできないのですが、Pontaを選択した場合の還元率は0.5%という数字です。

コジマで貯められるポイントはコジマポイントと2017年からPontaポイントも導入されました。

また、ビックカメラとソフマップのポイントを等価交換で移行することもでき、実質的にビックポイントも使えます。

貯められるポイント
コジマポイント(ビックポイント、ソフマップポイントと交換可)
Pontaポイント
※両方併用は不可

本来は通常のポイントとで溜めたほうがお得ですが、あまりポイントがたまっても電気屋にいかないという方にはてPontaポイントを選びましょう!

使い勝手のよいコンビニなどでそのポイントが使えますので便利です。

さらに、お試し引換券では文字通り「お試ししてほしい新商品」などを少ないポイントでGetすることが可能。

たとえば50ポイント程度が100円、200円の価値のものと交換できたりとお得度が高いです!

0.5%という還元率でもお得に使えて、さらに無駄にしないとなれば絶対に損はさせないといっても過言ではありません。

 

ヤマダ電機などのポイント還元やお得な情報を紹介しました。あなたに合った家電量販の電機屋さんをお得に利用しましょう!