旅ログ
スポンサードリンク

IPOに強い!国内大手証券会社の一つである「大和証券」のメリットとは?

これから投資をやる方に大手の証券会社「大和証券」の上手な利用法や口座開設、手数料など詳しく解説します。

 

・大和証券は大手証券会社の一つ

大和証券

スポンサードリンク


大和証券は日本の5大証券会社の1社で、個人向け、法人向け問わずに様々な金融商品を扱っています。人工知能(AI)を利用したスマートフォンアプリを提供するなど、先進的な取り組みを行う企業の一つでもあります。

大和証券 公式サイト

http://www.daiwa.jp/

日本全国に支店があるのも魅力で、全国どこにいても様々なサービスや相談を行えるのが魅力の一つです。ネットを利用した株式取引などを行う人も増えているため、少しでも手数料を安く、スピーディーに手続きをしたい人に好まれています。

 

・大和証券みんなの口コミ

 

 

・大和証券の口座開設方法は主に2つ

大和証券
大和証券の口座開設方法は、「ダイワ・コンサルティング」コースと、インターネットを利用した「ダイワ・ダイレクトコース」の二種類があります。

○ダイワ・コンサルティングコース

出典:http://www.inui-consulting.com/consulting

その名の通り、コンサルタントに資産の運用などを相談することができます。銀行預金と株式や国債などの金融商品の違いや、老後までに貯めたい目標額にあわせた運用方法など、様々な情報を教えてもらうことができます。

金融資産は株や債権、保険だけでなく、純金やプラチナといった貴金属、不動産など多岐に及びます。

情報が多すぎて混乱する人が多いだけでなく、どのように運用すればいいのか、何を購入すれば安定した資産が築けるかは考えるのは困難です。

大和証券は証券の取り扱いだけでなく、グループ会社のサービスの利用も行いやすくなっているため、多角的な資産運用を提案してくれるのが魅力です。

○ダイワ・ダイレクトコース

大和証券

コンサルティングサービスを使うことはできませんが、会員向けの各種情報を見ることができるようになります。また、リアルタイムで株や上場信託などの金融商品を売買できるようになるため、短期で収益をあげたい人や少しでも時間や手数料を節約したい人に人気になっています。

コンサルティングコースはコンサルティングがつくぶん手数料が高くなり、株の売買などにも時間がかかるというネックがあります。

そのため、金融知識に応じて使い分けることが少しでも資産を増やすポイントになっているのです。

資料請求のページから資料の郵送依頼をかけることもできるようになっています。

口座開設のための申し込み書類だけでなく、様々な投資に関する冊子を取り寄せる事もできるため、まずは資料を取り寄せてから考えることもできます。

 

 

・大和証券の店舗は全国各地に存在する

大和証券

出典:http://www.homemate-research-stock.com/dtl/9800001889/

大和証券の店舗は全国各地に存在し、公式サイトの店舗一覧から簡単に検索できるようになっています。

全国主要都市に支店があるだけでなく、大都市圏であれば同じ都道府県内に複数の支店があります。自分の最寄の店舗に気軽に相談できることも魅力になっています。

実際に店舗に相談に行く場合は、予約の電話をするのがおすすめです。常に手が開いている人間がいるとは限らないため、連絡無しで店舗に行くと待たされてしまう恐れがあります。

実際口座をもっている場合は担当者がいるかどうかも重要になるため、確認が大切になるのです。

窓口で相談をして不安点を解消してから、コンサルティングコースにするか、ダイレクトコースにするか選ぶという方法もあります。

店舗での相談は無料でできるため、安心できる要素の一つになっています。

 

 

・大和証券はIPOに強い?

大和証券

大和証券は非常に規模が大きい証券会社で、IPOにも強いのが特徴です。IPOとは新規株式公開のことで、一般に売買されていない株式を購入できることから価格が上昇しやすいという特徴があります。

もちろん、値下がりする銘柄もあるものの、一般的な株よりも収益をあげやすいのです。

IPOは主幹事となる証券会社を決め、複数の証券会社に株が分配されます。証券会社に口座を持つ会員は新規公開株の予約が可能で、希望者が多ければ抽選になります。

そのため、IPOのために複数の証券会社に口座を作り、IPO申し込み窓口としている人もいる程です。

大和証券

出典:https://whitegold.site/investment/topics/post-10122/

コンサルティングコース、ダイレクトコースを問わず、口座を開設すればIPOの株の予約や、抽選には参加できます。

大和証券自体がIPOに強い証券会社になるため、IPOを利用した投資をしたい場合は口座開設が視野に入りやすいです。

 

 

・大和証券のオンライントレードは手数料が安いのがポイント

大和証券

大和証券に限らず、証券会社で株などを売買する場合は手数料が発生します。

特に店舗窓口で売買を行った際の費用負担は大きく、頻繁に売買を行うと手数料の分だけ損をする確率が高くなってしまいます。

しかし、オンライントレードの場合は人件費や各種事務手続きを省略できるため、手数料を大幅に安くすることができます。

大和証券で特徴的なのが、口座開設の方法によって手数料が大幅にかわることです。

○コンサルティングコースの場合

コンサルティングを受けられる分、一回ごとの手数料が割高になります。

○ダイレクトコースの場合

コンサルティングコースの半額以下の手数料でオンライントレードを行えるようになっています。

コンサルティングコースであっても、オンライントレードを利用すれば手数料が割安になるのもポイントです。

ただし、ダイレクトコースの場合はコンサルタント自体がつかないため、様々な情報を自分で分析し、自己責任で投資する必要があります。

大和証券のオンライントレードシステムは、パソコン、スマートフォン、タブレットなど各種機器で利用が可能です。

専用アプリや、株価を分析するツールの豊富さも特徴になっています。また、ダイレクトコースの場合は1日限定で手数料定額で株取引を行えるオプションも存在します。

 

 

・大和証券のキャンペーンはどんなものがある?

大和証券

大和証券のキャンペーンは、公式サイトのトップページに表示されるほか、キャンペーン一覧のページからも確認することができます。

個人向け国債や外貨預金など、長期契約や一定額以上の契約で様々なキャッシュバックなどが発生するものや、金利の優遇が行われるものが多いのが特徴です。

また、一定以上の投資と利益が非課税になるNISAに関するキャンペーンも行われています。

株や外貨以外にも、複数の金融商品や投資信託を組み合わせたファンドラップなどの金融商品の取り扱いもあります。

ファンドラップに関するキャンペーンも存在するため、同業他社の商品と比較してみるのもオススメです。

 

 

・大和証券まとめ

大和証券

出典:http://shareblog.info/archives/14280

大和証券はIPOに強い大手証券会社の一つです。オンライントレードも使いやすく、インターネットで取引を完結させるダイレクトコースでは大幅手数料の節約が見込めます。

投資に不安がある場合は少しずつ学びたい場合はコンサルティングコースを利用するなど、目的や投資金額に合わせて申し込み方法を変えれば、資産運用の幅が広がります。

 


ライタープロフィール

飯野一也
証券会社で20年のキャリアを活かし、上手な株の見分け方、損きり、売り時などのアドバイスや株の取引初心者の為の講座も開講。自身も株で運用し資産形成をしている。