旅ログ
スポンサードリンク

アートイベントに関する各情報サイトの比較まとめ

スポンサードリンク

アートや音楽、舞台等の芸術作品に興味がある人は、美術館やギャラリー、イベントホールに足を運ぶ機会が多いと思います。

どこでどんなアートイベントが開催されているのか、インターネットで検索するとたくさんのアートイベント情報サイトが出てきます。

そこで、代表的なアートイベント情報サイトの特徴について、比較してみました。

■ウォーカープラス

株式会社KADOKAWAが運営するイベント・お出かけ情報サイトです。イベント掲載数は非常に多く、開催日や場所等の希望条件を設定し検索することができます。

アートイベントの種類
・美術展、博覧会、ファッション、伝統芸能等、幅広いアートイベント情報が掲載されている
・大きなイベントは大抵掲載されているが、個展のような小規模なイベントは少ない

検索方法
・エリアとカテゴリ、日付を選択可能
・無料イベントのみに絞って検索できる
・検索結果はイベントごとにリストで表示され、開催期間、場所の表記が一目でわかる

公式サイトはこちら
https://www.walkerplus.com/event_list/

■デザイン情報サイトJDN

大きなイベントよりも小規模なイベント情報が多数掲載されています。アート関連のニュースやコラム、デザイナーへのインタビュー記事等も掲載されており、イベントの検索以外にもアートに関する好奇心を湧き立たせてくれる情報が掲載されたしたサイトです。

アートイベントの種類
・美術館、ギャラリーイベントの掲載が中心
・大規模イベントより小規模な個展が多い
・自分でイベント情報を投稿することができる

検索方法
・エリアとカテゴリ、日付は選択できず、全てのイベントが一覧表示される

公式サイトはこちら
https://www.japandesign.ne.jp/event/

■myLiFE+


アート系のイベントに特化した情報サイトです。著名人のイベントから個展、落語まで幅広いアートイベント情報が掲載されています。

アートイベントの種類
・アート、音楽、演劇・舞台、映画・映像、ファッションのカテゴリに分かれている
・自分でイベント情報を投稿することができる

検索方法
・日付指定できる
・開催場所はイベントホール、美術館・ギャラリー単位で検索できるが東京が多く、他の地域は非常に少ない

公式サイトはこちら
https://www.mylifeplus.net/

■TOKYO ART BEAT

東京で行われるアートイベントを中心にした情報サイトです。「ミューぽん」アプリの利用により割引を受けられるイベントが一目でわかります。

アートイベントの種類
・絵画、マンガ、日本画、建築、彫刻、メディアアート、音楽等、非常に多くのジャンルが掲載されている

検索方法
・日付指定はできない
・エリアから検索できるが東京中心、関東圏のみ

公式サイトはこちら
https://www.tokyoartbeat.com/

■ARTGENE

全国美術館スケジュールや展覧会情報が掲載されている情報サイトです。内覧レポートやインタビューも掲載されています。イベント検索はトップ画面の「アートイベント投稿」から利用できます。

アートイベントの種類
・美術館、ギャラリー、アートフェア、セミナー等のジャンルを掲載
・自分でイベント情報を投稿することができる

検索方法
・エリアとカテゴリ、日付を選択可能

公式サイトはこちら
http://www.artgene.net/

■日本美術俱楽部

美術館でのイベント情報を中心とした、シンプルで見やすいデザインのイベント情報サイトです。アート作品の買取や無料査定も行っています。

アートイベントの種類
・洋画、日本画、版画、水墨画、彫刻、現代美術等のジャンルを掲載
・美術館ニュースの登録やアーティスト登録を行うことができる

検索方法
・エリアとカテゴリ、日付を選択可能
・アーティスト名から検索も可能

公式サイトはこちら
https://www.nihonbijutsu-club.com/event/

以上、各アートイベント検索サイトの特徴を簡単にまとめてみました。大手の情報サイトだけではなく、色々なアートイベント情報サイトを巡ってみると、自分の好みにぴったりなアーティストやイベントが見つかるかもしれません。

 


ライター名:おなす
プロフィール:大阪府出身30代。IT企業を退職し、幼少期からの夢だったイラストレーター、ライターとしてフリーで活動中。